浜松で墓石の建立からリフォーム、メンテナンス、耐震工事など、墓石のことなら大場石材にお任せください。
墓石の修理・メンテナンス・リフォームについて
墓石建立までの流れ 大場石材の信念
制作実績のご案内 よく頂くご質問
トップページ > 墓石のアフターフォロー > 墓石の修理・メンテナンス・リフォームについて

墓石の修理・メンテナンス・リフォームについて

※他社建立墓石の場合、ご依頼をお受けできない場合がございます。
お墓の知識③「アフターメンテナンス」についてをご参照ください。
大場石材では、墓石建立後もちょっとした修理から耐震工事、リニューアルまで幅広くご対応いたします。「お墓がちょっと傷んできたかな…?」と思ったら、まずはご相談ください。特に20年以上前にお墓を建てられたまま、一度も専門家の点検を受けていない墓石は、耐震基準や経年劣化などで危険な状態である可能性がありますので、一度点検を行うことをおすすめいたします。

大場石材が行ったリフォーム施工事例

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ
浜松市中区A様 基礎を含む全面リフォーム
リフォーム前

建立当時、他の業者様が建てられたそうですが、石の汚れや傷みが目立ってきたことと、高さがあるため地震などに備え、耐震工事をされたいとのご依頼でした。
今回のように、昔建てられた墓石は現在と比べ高さがあり、その割に耐震工事がしっかりとなされていない場合があります。

リフォーム

現在の墓石をひとつずつ丁寧に取り外し、最終的には基礎部分も更地の状態に。作業を通して初めてわかったことは基礎部分の傷みがかなり進んでいたことです。このように、見た目は立派でも、基礎部分に不安が残る墓石は少なくありません。

リフォーム

基礎工事を行います。写真は組み上げた基礎部分にセメントを流し込んだ状態です。

リフォーム

基礎部分です。石と石の接合部分には耐震用の金具をきっちりと取り付けます。

リフォーム完成後

リフォーム完成です。高さを抑え、スタイリッシュで堂々とした印象の墓石に生まれ変わりました。

浜松市中区B様 基礎~中台までのリフォーム・耐震
リフォーム前

古い墓石は現代の技術のような正確性に欠ける分、構造上耐震などに不安があります。
今回のリフォームでは、基礎部分・下段・中台までを新しいものに替え、上台と墓石はそのまま以前のものを設置しました。納骨スペースを以前よりも広く確保し、将来を見据えた拡張性のある作りを意識しています。
※写真は、配筋済みの基礎部分です。大場石材は特にこの「基礎」に重点を置いています。

リフォーム

基礎の上に、下段、中台を組み立ていきます。
耐震にも配慮し、大場石材では「コ」の字型の中台を使い、耐震接着剤や金具でしっかりと固定していきます。

リフォーム

中台の上に上台と墓石を設置し、組み上げが完成しました。全体の掃除を済ませ、中台の正面部分から納骨を行います。

リフォーム

納骨が済んだら、中台の正面に水鉢で蓋をし、花立て・香炉を設置して完成です。
今回は水鉢・花立て・香炉は新品のものに取り替えました。

浜松市南区C様 基礎を含めた全体リフォーム
リフォーム前

昭和3年にご先祖様の三百年忌を祈念して建立された墓石ですが、傷みがあり若干敷地からはみ出している為、大規模な改修を行うことになりました。

リフォーム

一度全てを撤去し専門業者による基礎打設を行いました。

リフォーム

天板一枚あたり約320kgある墓台を設置しました。かなり重厚感があります。
また左右に通風口を設けて納骨堂の風通しを良くしました。

リフォーム

会社内の工場スペースで、文字彫刻を行いました。

リフォーム

接着剤とステンレス金具・アンカーにて耐震性向上につとめています。

リフォーム

古い墓石も一部残し、本体その他は愛媛県産伊予大島石にて施工しました。